イギリスの国旗、ユニオンジャックの雑学

イギリスの国旗といえば「ユニオンジャック」ですが、そのおしゃれなでスタイリッシュなカラーは、ワッペンやピンバッジなど雑貨のデザインとして高い人気を集めています。こちらでは、そんなユニオンジャックの雑学をご紹介いたします。

ユニオンジャックとは?

ユニオンジャック

ユニオンジャックは、「イングランド」「アイルランド」「スコットランド」が統合する際にそれぞれの国旗を組み合わせてできたものです。ユニオンジャックと言う呼び名は、ユニオンが「結合」、ジャックが船首につける「船首旗」という意味を持っています。

1606年にイングランドとスコットランドが併合する際、2つの国旗を組み合わせて作られたものが初代のユニオンジャックです。その後にアイルランドが加わり、3つの国旗が合わさって現在のユニオンジャックが作られました。

イギリスはイングランド、アイルランド、スコットランドに加えて「ウェールズ」を含む4つのカントリーからなる連合国ですが、ウェールズは早くにイングランドに加わり単一国家となっていたため、ユニオンジャックの柄には組み込まれなかったと言われています。

ユニオンジャックが上下左右非対称な理由

ユニオンジャックは上下左右ともに対称に見えますが、よく見てみるとアイルランドの赤い斜めラインが非対称になっています。これは、アイルランドの赤ラインをスコットランドの白ラインに重ねると赤ラインが手前にあるように見え、優位になってしまうことが原因といわれています。

連合国であるイギリスは、すべての国旗が優劣なく公平でなければいけません。そのため、「カウンターチェンジ」という技法を採用して比率を合わせた結果、現在のような非対称になったのです。

イギリス以外でも使われるユニオンジャック

オーストラリアの国旗

かつてイギリスの植民地だった国は、植民地時代には全ての国旗にユニオンジャックが描かれていました。独立した後は各国で独自の国旗を制定しましたが、オーストラリアやニュージーランドなどでは現在も国旗の一部にユニオンジャックを使用しています。

このようにイギリス以外でもユニオンジャックが使われているのは「親英的な国」であることの象徴でもあります。

おしゃれなワッペン・キーホルダー、ミニカーなら「QUEEN'S GATE」Yahoo!ストアへ


ピンバッジやワッペンなど豊富に取り揃えております

ユニオンジャックがモチーフになったピンバッジやワッペン、ミニカーをお探しであれば、クイーンズゲートの通販サイトをご利用ください。クイーンズゲートは50's~70'sのスポーツミニカー専門の通販サイトで、アンティークのミニカーやピンバッジ、ワッペンなど豊富に取り揃えております。車好きな方やメンズギフトにも最適ですので、クイーンズゲートの通販サイトをぜひご覧ください。

ワッペンやピンバッジ、キーホルダーなどを販売するミニカーショップ【クイーンズゲート】概要

店舗名 クイーンズゲート
所在地 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545-3368
電話番号 0551-48-3311
メールアドレス info@queens-gate.jp
URL http://roben-so.com/queensgate/
説明 ミニカーやワッペン、キーホルダー、ピンバッジ、イギリス小物の販売・通販