ワッペンの歴史

コートや帽子などに簡単につけることができ、気軽にリメイクができるワッペンは、自分だけのおしゃれを楽しみたい方に人気の商品です。

今ではファッションに使われることが多いワッペンですが、元は軍隊や王族の「紋章」として古くから使われていたと言うことはご存知ですか?

ワッペンの由来

ワッペンとは、フェルトや布などの生地に刺繍を施したものです。ワッペンはドイツ語で「紋章」を意味し、軍服などに使われていたことが始まりと言われています。紋章とは、家柄や格式、軍隊などを特定して識別するための標識として使われているデザインのことを指します。

紋章・ワッペンの起源

騎士

最古の紋章は紀元前3000年と言われており、戦いと狩猟の神であるニニブの像に権威の象徴として紋章が用いられました。

軍隊などで一般的に普及されるきっかけとなったのは12世紀の「第一次十字軍遠征」の頃です。当時の戦場では皆カブトをかぶっていたため、顔が隠れてしまい敵と味方の判別がとても困難でした。そこで、個人を識別するために盾やマントなどに味方の証として刺繍や彫刻を施したと言われています。

世襲的な標識として使われ始めた紋章

紋章

騎士たちを識別するために用いられてきた紋章は、次第に王の家系や領主の一員であることを示すための標識へと変化していきます。当時は王族の血を引く者の特権として主に使われていましたが、後に貴族などの層まで広がりました。

それがきっかけとなり、14世紀には市民や農民などの一般階級にも普及し、現在のように都市や団体などに紋章が使われるようになりました。

ヨーロッパでは動物などのモチーフが多く、日本では植物が図案として多く用いられているのが特徴です。

おしゃれなワッペン・キーホルダー、ミニカーなら「QUEEN'S GATE」Yahoo!ストアへ


車、国旗のエンブレムを通販で

国旗や外国エンブレムといった個性的なワッペンをお探しであれば、クイーンズゲートの通販サイトをご利用ください。車好きの方にはたまらないエンブレムワッペンやミニカー、ピンバッジなどを多数ご用意しております。ギフトやプレゼントにも喜ばれる商品も豊富に取り揃えておりますので、エンブレムワッペンや車関連のグッズに興味のある方はぜひお気軽に通販サイトをご覧ください。

ワッペンやピンバッジ、キーホルダーなどを販売するミニカーショップ【クイーンズゲート】概要

店舗名 クイーンズゲート
所在地 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545-3368
電話番号 0551-48-3311
メールアドレス info@queens-gate.jp
URL http://roben-so.com/queensgate/
説明 ミニカーやワッペン、キーホルダー、ピンバッジ、イギリス小物の販売・通販